とげとげのにわ

ディッキア(Dyckia)を中心に、色々な植物を育てています

アガベの幼虫の成長

 

togetogenoniwa.hatenablog.com

 アガベの幼虫が大きくなりました。

f:id:togetogenoniwa:20190509062713j:plain

こんなに小さかった幼虫が、

f:id:togetogenoniwa:20190706153452j:plain

すっかり緑になり、もう幼虫ではなくアガベに見えます!

ここまでは水栽培で、

f:id:togetogenoniwa:20190706153624j:plain

土に植え替え、無事に育っています。

 

水栽培して出た根は、水用の根なので、

土に植えると水をうまく吸えない・・・らしいのですが、

私は全くその事を知らず、以前から水栽培後に平気で土に植え替えていました。

そして、まぐれなのか、すべてうまく定着しています。

無知ってこわい!

今のところ、ディッキアとアガベはうまくいくみたいです。

ただ、本当にただのまぐれ続きなだけかもしれないので、

心配な方は切り替え手続きをした方が安全です。

(注意!!切り替え手続きをしても枯れる時は枯れます)

 

★水栽培から土栽培への切り替え手続きの参考★

注意!!私自身は試した事がありません。植物の種類や条件によっても異なります。もし試してみたい方は、枯れてもあきらめがつく株で練習した方が良いと思います。

1・鉢とそれがすっぽり入るようなバケツなどを用意する。

2・鉢に土を入れ、水耕栽培した植物を根ごと植える。

3・バケツに水を入れ、その中に2の鉢を入れる。水位は鉢の半分より上になるようにする。鉢が浮かないようにする。(重しなどする。)

4・水を換えながら、新しい芽が出るまで栽培する。芽が出たら徐々に水位を下げていく。

こんな手順で、時間をかけて慣らしていくと、切り替えがうまくいきやすいそうです。

 

アガベの幼虫、小さすぎて育たないとかも・・・と期待していなかったのに、予想以上にしっかり育って嬉しいです♪

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ

にほんブログ村

ハダニとの戦い(終結)

 

togetogenoniwa.hatenablog.com

 ハダニとの戦いは終わりが見えてきたので、ポイントをまとめました。

 

★ハダニ予防のポイント

・ハダニは水に弱いため、時々葉水をかける

★ハダニ発生時の発見のポイント

・葉が白くかすんでいる

蜘蛛の糸のような細い糸が葉に絡んでいる

・葉に小さな虫が動いているのが見える

★ハダニ退治のポイント(初期)

・水で葉を洗い流す(霧吹きやシャワー水で流す)

★ハダニ退治のポイントと使用したもの(増殖後)

・市販のベニカマイルドスプレー

→化学殺虫剤ではなく、食品原料から作られていて、虫の表面を薄い膜状に包み込み、呼吸ができなくなって窒息死する原理です。

 ・成虫にかからないと効果が無いため、すべての鉢の葉の表面・裏面に散布する。

→うちでは100鉢以上に散布したため、1000mlあっという間に無くなり、コスパは悪いです。

 

 値段は同じくらいなので鉢数が多い場合は希釈タイプのこちらがおすすめです。

500倍希釈タイプなので、50リットル分作れます。

キャップで1ml〜5ml計量できます。

殺虫原理はベニカマイルドスプレーと同じです。

マルハチ産業 ガーデニング用霧吹き ツートンスプレー 500ml
 

 こちらの霧吹きに入れて使用しました。(ホームセンターで200円ほどで購入)

100均のボトルとは比べ物にならないくらい使いやすいです。

ボトルに100ml〜500mlの目盛りがついています。

なので、

カダン花と野菜の原液を1mlキャップで計ってスプレーボトルに入れ、

スプレーボトルの500mlまで水を入れるとだいたい500倍希釈が出来上がります。

 

すべてに噴射しても、数時間後に見てみるともう虫がちらほら歩いているのが見え、

再び噴射・・・を繰り返しました。

たまたま液がかからず生き延びたのか、新たに卵から孵化したのか・・・

1日2回の噴射で、3日目くらいから虫は激減し、

5日目くらいからは全く虫は見かけなくなりました。

 

この殺虫剤は、ずいぶん優しいつくりになっているので、効くのか??

と不安だったのですが、うちではちゃんと効果がありました!

アブラムシ・ハダニ・うどんこ病・灰色カビ病に効果があり、

使用回数の制限は無く、野菜にも収穫前日まで使えます。

 

今後の教訓!!

早期発見すれば、水の噴射だけで退治できる可能性もあるので、

日々の観察は大切です!

f:id:togetogenoniwa:20190706151529j:plain

f:id:togetogenoniwa:20190706151614j:plain

f:id:togetogenoniwa:20190706151647j:plain

これらが被害者の方々。

吸われすぎて葉っぱが全部落ちてしまった株もあります。

見た目が随分悪くなってしまったので、梅雨が明けてぐんぐん育つ夏が待ち遠しいです!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ

にほんブログ村

ハダニ大発生!!

パキポたちが元気が無いのには気付いていたんです。

梅雨入りして、太陽はあまり出ないし、夜は冷え込んだりするので、

また休眠モードに入ったのかな〜??

なんて考えていました。

 

日増しに葉っぱは白くなっていき、よく見ると蜘蛛の巣っぽいのが張っているものがちらほら・・・

そして小さい何かが動いてる!!

f:id:togetogenoniwa:20190701155240j:plain

小さすぎて見えにくいのですが、これが寄生したハダニたちです。

ハダニに葉っぱを吸われて、色素が抜けているのも分かると思います。

f:id:togetogenoniwa:20190701155428j:plain

パキポたちは、こんな感じで白くなっていき、みんなやられていました。

ショックです・・・

葉っぱの色素が抜けたら要注意です!!

ハダニは蜘蛛の仲間だそうで、蜘蛛の糸っぽいものも絡んでいるのが見えるので、

見つけたら即退治です!!

 

ハダニは乾燥状態で爆発的に増えるそうで、葉水をやるのが防止策となります。

うちの場合、もうすでに爆発的に増えている状態なので、既製の殺虫剤に頼ることにしました。

使ったのはこちら

 パキポの鉢は夜間室内に入れているので、人体にも害がありそうな農薬っぽいものはなるべく使いたく無かったので、

こちらのスプレーにしました。

薬剤で化学的に殺虫するのではなく、虫を包み込んで物理的に殺虫する仕組みになっています。

卵には効果がなく、残効も短いので、連続散布が必要です。

 

ひとまず全パキポに散布して、ハダニが復活or新たに卵から孵化していないか毎日チェックしていこうと思います。

 無事に駆除できるといいなぁ・・・ (>_<)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ

にほんブログ村

実生いろいろ

 

togetogenoniwa.hatenablog.com

 先日分解して播種したエクメアが、一斉に発芽しました!!

f:id:togetogenoniwa:20190629105349j:plain

発芽率はかなり良いです。

なので、

・鞘が黒くなったら収穫時!

・種子は水で数回洗ってから播種

という方法で正解だったようです。

 

自家採取のディッキアもたくさん発芽しました。

★ディッキアグレイオプス

f:id:togetogenoniwa:20190629110026j:plain

グレイオプス親株


こちらは自家受粉で全ての花に鞘が付き、しっかり詰った種子がたっぷり取れました。

発芽率も良好でした。

f:id:togetogenoniwa:20190629105527j:plain

 

★ディッキアマルニエラポストレイ×フォステリアナ

f:id:togetogenoniwa:20190629110147j:plain

マルニエラポストレイ×フォステリアナ親株

こちらも自家受粉でしたが、全然鞘も出来ず、種子もスカスカの皮ばかり、ほんの少しだけ身の詰った種子が取れたものの発芽率悪い・・・

なんで??

f:id:togetogenoniwa:20190629105559j:plain

わずかに発芽した子達に期待です!

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ

にほんブログ村

アガベの幼虫

アガベチタノタの子株を分けました。

こちらが親株

f:id:togetogenoniwa:20190509062200j:plain

子株

f:id:togetogenoniwa:20190509062301j:plain

と、

まだ取るには早すぎなので、取りたく無かったのにうっかり取れちゃった超子株

f:id:togetogenoniwa:20190509062427j:plain

体長1.5センチ位で、白くてコロンとしていたので、何かの幼虫かと思ってビビリました。足みたいなのが生えてるし。

こんなに小さいうちに親株から離してしまって、生存出来るのでしょうか??

f:id:togetogenoniwa:20190509062713j:plain

水栽培してみることにします。

器はペットボトルのキャップです。

根腐れ防止の石を置いておさえて完成!

うまく育つでしょうか??

まずは発根を目指します!

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ

にほんブログ村

エクメアの種子

 

togetogenoniwa.hatenablog.com

 エクメアの花が終わり、真っ黒になりました。

f:id:togetogenoniwa:20190608140554j:plain

これは???

種子??

エクメアの結実の正しい状態を知らないので、この真っ黒が良いのか、腐ってる状態なのか分からず放置・・・

 

1週間経ってもこの様子なので、分解してみることにします!

f:id:togetogenoniwa:20190608140928j:plain

鞘を1つ取ってみました。

すごくジューシーです。収穫が早すぎたかも??大丈夫かな・・・

f:id:togetogenoniwa:20190608141105j:plain

見た目はブルーベリーをつぶした感じの雰囲気です。

でも香りは青っぽいのでまずそうです。

そしてこの紫の汁は、手に付いたらなかなか落ちませんでした。

服に付いたらアウトです。

f:id:togetogenoniwa:20190608141258j:plain

きれい!染め物も出来そう!

f:id:togetogenoniwa:20190608141332j:plain

果実の中には、種子っぽいものが沢山入っていました。

f:id:togetogenoniwa:20190608141426j:plain

果肉・果汁には、発芽抑制物質が含まれることがあるので、洗浄します。

ただ、今まで果肉・果汁系の種子の発芽に成功した事が無いので、

どの程度の洗浄が正しいのかは分かりません・・・

わずかに残った果肉からカビてしまったり、きれいにしても発芽しなかったり。

きっと他の条件も揃わないといけないのでしょう。

 今回は、タッパーに種子を入れ、10回ほど水を入れ替えてゆすぎました。

ひとまずこの状態で蒔いてみます。

発芽するかな??

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ

にほんブログ村

葉っぱも咲きます♪

エクメアレクルバータの花が咲きました。

花芽が出てくる以前、なぜか葉っぱが黄色く変色してきたので、

枯れるのか!?とビクビクしていました。

 

葉の変色とともにつぼみが見えてきて、ようやく、花が咲く事に気付きました。

葉の変色は、花が咲くアピールだったようです。

(矢印部分が、葉っぱが色付いた場所です。)

f:id:togetogenoniwa:20190505161240j:plain

 

f:id:togetogenoniwa:20190505161650j:plain

花が咲く頃には、周囲の葉っぱも色付きました。

f:id:togetogenoniwa:20190505161831j:plain

これが花。

ここからパッと開くのではなく、数ミリ開いたら1日で終わりでした。

儚いです。

 

花が咲いた後はというと、

f:id:togetogenoniwa:20190505162605j:plain

花の退色とともに、葉の色も元に戻りました。

そしてなんだか全体的に色あせたような・・・

鮮やかの色素を出すのにエネルギーを使ってしまったのでしょうか。

受粉も試してみたので、種子が出来たら嬉しいです!

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ

にほんブログ村