とげとげのにわ

ディッキア(Dyckia)を中心に、色々な植物を育てています

ディッキアの株分け(失敗反省)

ディッキアの株分けに必要なもの。

「気合い、力」

 

あとは、

f:id:togetogenoniwa:20180717104246j:plain

とげの貫通を防ぐ園芸用手袋と、小型の片刃ノコギリ。

 

ディッキアの株分けのコツをまとめたかったのですが、結局、無謀な力技になりました。

失敗しましたが、頑張ったので見て下さい(泣)

 

いつも行っている、

f:id:togetogenoniwa:20180424133241j:plain

こんな感じの、大きな親株の根元に付いた子株を取る作業は、

すでに取れそうになってる子株を取るだけなのでそれほど難しくありません。

 

今回は、分頭した部分を切り分けます。

1つの株の成長点が2つに分かれ、同じくらいの大きさのディッキアがくっついている状態を、2つに分ける作業です。

f:id:togetogenoniwa:20180717104802j:plain

ディッキアデリカータ。(Dyckia-delicata)上下に頭が2つある状態です。

半分に割ればいいだけの話なんですが、これが超〜大変!!

f:id:togetogenoniwa:20180717105004j:plain

ディッキアと、ノコギリの刃を並べた写真です。

よーく見ないと、違いが分からないでしょう・・・

ディッキアとノコギリは同じようなもんなので、とにかく痛くて硬くて、作業に自由が効かないのです。

 

まず、

・鉢から出す

・伸びすぎた根っこをカット

・枯れた下葉を取り除く

 

という基本作業を行い、いよいよ半分にカットです。

f:id:togetogenoniwa:20180717110301j:plain

本来は、

 

・下葉をさらに剥がし、分岐点(おしりのようになっている部分)を見つける

・分岐点からカット

f:id:togetogenoniwa:20180717161213p:plain

という手順にしたかったのに、

葉が長〜いので、くるんと巻いてしまい、どこが分岐点か全く見えない・・・

結局、野生の勘??でカットする事にしました(真似しないでください)

カットの際の刃物は、

 

・小型の片刃ノコギリ

 

がおすすめです。

作業中は、とにかく硬くて思い通りの動きは出来ません。

ナイフのような鋭利なもので力任せに一気に切ろうとすると、うっかり手元が滑った際、手をざっくり切ってしまうかもしれません。

ノコギリで少しずつギコギコした方が安全なような気がします。

 

f:id:togetogenoniwa:20180717112035j:plain

そして・・・物理的には2つになった!

左、断面汚すぎ

右、根っこ保持できず、ここは切っても良い場所だったか不明

すごく心配な姿になりました(泣)両方枯れたらどうしよう!!

 

気を取り直して、断面を乾かしてから、鉢に植えます。

f:id:togetogenoniwa:20180717162211j:plain

あとは、見守ります!!活着するよう祈ります!!

 この記事、1年前位に書いて、下書きにいれたままでした。

約1年後の今日の様子はというと、

f:id:togetogenoniwa:20190505155014j:plain

 根が保持出来た方は無事に活着し、新たに伸びた葉で鉢の余白部分が埋まってきました♪

もう1つは・・・成長点がスポッと抜けて、ばらばらになりました・・・

(まるで輪切りにした玉葱がばらばらになるような感じで崩壊しました)

やはり、分岐点からしっかり割らないと、枯れます。

 

大きいディッキアを株分けするときは、無理に一人でやろうとしないで、

葉を押さえて分岐点を露出して見やすくする係と、切る係に分担した方がよいと思います!!

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ

にほんブログ村

開いたり、閉じたりの理由

 

togetogenoniwa.hatenablog.com

「朝、葉が開いて起き、夜、葉が閉じて眠る木」についての記事に、

「体内時計説」のコメントをいただいて、すごく興味深かったので調べてみました。

 

諸説ある・植物の種類によって違う・条件によって違う・解明されていない事も多い、研究により解釈が変わるなどなど、答えは色々あり、またすべての植物にあてはまるわけではありません。

色々な項目を引用しましたが、これを書いている私はただの趣味の素人であることを前提にお読みくださいm(_ _ )m

 

★葉の就眠運動★

就眠運動は、光ではなく植物の体内時計に依存してることが多いようです。

まず朝夕の太陽光の波長と、昼間の波長との違いを感知して一日のサイクルを決定するそうです。決定した体内時計はすぐには崩れません。

なので、うちのセンナが夜にライトで照らしたのに葉が閉じて眠ってしまったのは、「ライト云々ではなく、夜寝る時間だったから寝た」ってわけでした。

 

夜に葉を閉じて寝るメリットは、

・夜は光合成ができないから開いている必要がない。

・葉を食べる生物の標的にならないようにする。など。

ただし、葉の開閉には代謝コストもかかるので、進化の過程で、開いたままか閉じるか、植物の種類によって生きるための戦略を分けてきたのですね。

f:id:togetogenoniwa:20190514072832j:plain

Collage Makerというアプリを使ってみた↑)

 

★花の傾性(開いたり閉じたり)運動★

花が昼に開き、夜に閉じる運動は一般的には温度によって花弁の裏表の表皮に成長差生じる事によって起こるようです。(タンポポ等は光が原因とされているらしい)

 

・花が閉じている状態で気温が上がると、花弁で包み込まれた内側の温度は外気よりも高くなり、内側の成長速度の方が早くなり花は開く。(花が開く方向に成長)

 

・花が開いている状態で気温が下がると、花の内側は冷気の影響で成長速度が外側より遅くなり花は閉じる。(花が閉じる方向に成長)

f:id:togetogenoniwa:20190514075555p:plain

花びらの内側が温まり、内側の成長速度がはやくなった事により、外側との成長速度に差が生じて花が開いていくイメージです。

花の内側の方が成長速度に影響しやすいのかな?

 

自然界では明るくなると温度も上がるので、明るい昼に花が開いて、暗い夜に閉じていることが多いようです。

気温の低下(夜)で花が閉じるメリットは、

・夜露で内部がぬれてカビたりしないように

・夜は昆虫が来ないから

などもあるようです。

 

★番外編★夜に花咲く月下美人

f:id:togetogenoniwa:20190513214933j:plain

月下美人の花、実物を見てみたい!!

夜に大きくて(20〜25センチくらい)良い香りの花を咲かせ、翌朝にはしぼんでしまいます。

月下美人は、体内時計で夜に咲くようですが、なんで夜なんでしょう?

・夜だとライバルが少ない。(日中は他にも沢山の花が咲き、花粉を媒介する昆虫が分散してしまう)

・コウモリに花粉を媒介してもらう。(花が大きいのも、コウモリが来た時折れないように丈夫なつくりになったため)

※熱帯ジャングルでは、コウモリに花粉媒介を依存している植物は多いそうです。

 

植物たち、根付いた場所で色々な工夫をして生きているのですね!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ

にほんブログ村

休みぼけ?

植物の名前で、「色+◯◯」のものが色々あります。

 

うちにあるものだと、

「ブラック アイス」

f:id:togetogenoniwa:20190505171624j:plain

「ホワイト ゴースト」

f:id:togetogenoniwa:20190509060557j:plain



などです。

 

ふと脳内で、

あれ?

「ブラック タイガー」ってどんな植物だっけ?

鋭くカッコいい名前だから、ゴリゴリのトゲのサボテンとかアガベとかかな?

と暫く悩みつつ、画像を調べてみたら、海老ですよね・・・

f:id:togetogenoniwa:20190505165851j:plain

ブラックタイガーは海老です

今日の晩ご飯はエビチリにします・・・

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ

にほんブログ村

早寝早起き

前回の更新から100日以上経ち、元号が変わり、長かったゴールデンウィークもあとわずかです。

早すぎです!!

 

植物は続々と増えています。

センナメリディオナリスです。

f:id:togetogenoniwa:20190505065412j:plain

寒さが苦手な木なので、日中はベランダで、夜間は室内管理をしています


この木は、暗くなると葉が閉じる「就眠運動」をする特徴があります。

これは、起きている状態。

f:id:togetogenoniwa:20190505065557j:plain

眠った状態。

f:id:togetogenoniwa:20190505192142j:plain 

この木の眠る・起きるを決定する「明るさ判定」が不思議なんです。

早朝(5時半頃)、室内のカーテン越しの状態では、もう起きて葉が開いています。

いつ起きるのか追跡したいところですが、私が起きられず・・・

 

昼間はベランダで葉っぱ全開で日光浴。

夕方は5時くらいにはまだ明るくても葉が閉じ始め、眠る準備開始。

夜間、室内に入れるとしっかり閉じて眠ってしまいます。

 

ならば!!

葉が眠る前に育成ライトを照射するとどうなるでしょう?

f:id:togetogenoniwa:20190505070520j:plain

今の時期、夜間はほとんど全ての植物を室内に入れています。

なんと!!
ライト4台体制でガッツリ照射しても、葉は閉じて寝てしまいました。

え!?

ということは、ライトの光は「明るい」とは認識されないようです・・・

ちなみに、ライトの光は人間の目では直視出来ないほど眩しいです。

 

すごい消費電力多いのに・・・

いままで、日照不足解消にと思ってライトを付けていたのに・・・

ライトの効果はちゃんとあるのかな・・・若干不安です。

 

きっと人工的な光では作れない太陽の何かを感知して、植物は起きたり寝たりしているのでしょう。

やはり植物には太陽の光が一番なんですね♪

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ

にほんブログ村

多肉本と塊根買いました。

I.S.I.J. 新年大会に行ってきました。

先行販売していたこちら、

多肉植物&コーデックス GuideBook

多肉植物&コーデックス GuideBook

 

 すごく良いです!

 

Amazon内容紹介より抜粋>・・・

多肉植物の中でも珍奇植物、
ビザールプランツと呼ばれる最前線の種類を大特集。
原生地写真、植物図鑑、栽培管理までを網羅。

・・・・

 インテリアとしてではなく、生き物を栽培する観点で注意点が色々書かれていて、とても参考になりました。

光・水やり・土・夏越し冬越しは、今まで野生の勘?でやっていたので、この本でしっかり勉強したいと思います。

それから「現地球3年のジンクス」!!

うちに来てから3年目の塊根が何株かあるので、乗り越えたい!

 

欲しかった情報がたっぷりで、買ってよかったです。

Amazonでは1月19日発売となっていましたので、その頃に店頭にも並ぶと思います。

 

植物本体もお迎えしました★

f:id:togetogenoniwa:20190114152409j:plain

Pachypodium gracilius

日本に来てから2年目の現地球だそうです。

「現地球3年のジンクス」まであと1年。

まずは、冬を無事に越したら、次は3年を目指します!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ

にほんブログ村

新春初売り

グランカクタスさんの、お正月セールに行ってきました。

昨年の夏に行って、すっかりファンになり、リピートです。

現在、私の中での「植物(サボテン、塊根、珍種)を買うならココ!ランキング1位」がグランカクタスさんです。

種類が豊富で、値段も良心的だと思いますし、育て方もとても丁寧に教えていただけました。

ただ、うちからは遠く、交通費も時間もかかるので、年数回、まとめ買いの利用になりそうです。

 

お迎えしたのはこちら。

f:id:togetogenoniwa:20190111082015j:plainアガベチタノータ (agavetitanota)

初めてのアガベです。

 

アガベ、いいですね。

ディッキアだと、葉が下向きに生えて、鉢を取り囲んでしまうので、水やり、植え替えに苦労するのですが、

アガベは葉が上向きに生えるので、根元はすっきり!水やりも植え替えも難しくなさそうです。

f:id:togetogenoniwa:20190111082546j:plain

子株は2つ。

この子株、じきに親株に刺さりそうに見えます・・・

春に株分けしようと思います。

 

あとは、大型塊根を2つ購入しました。

こちらは、未発根なんです。

(現地から植物を輸入する際、土がついていると検疫にひっかかるので根を切っていると聞いた事があります。)

初めて、発根処理から塊根を管理しているので、そのうち記事にしようと思います。

いつまでも話題に出てこなかったら・・・察してください(;^_^A

(素人には難しいらしいし、今冬だし・・・怖い!!)

 

今年も、植物に囲まれた1年になりそうです★

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ

にほんブログ村

やる気スイッチON!

あけましておめでとうございます!

すごーく久しぶりの更新になりました。

 

まる家7不思議の1つ、ディッキアロボットムーブです。

f:id:togetogenoniwa:20180421114950j:plain

なぜか、根が出ないのです。(2年間くらいずっと)

花も咲くし、見た目は若干弱っているものの枯れる事も無く、生きています。

でも、ちょっと触れば倒れるし、風が吹くとコロコロとどこかに転がっていってしまいます。

もしかして、発根しても、何かの刺激で切れてしまっているのかも?

(↑↑の写真は、ロボットムーブの周囲を水苔で取り囲んで、鉢から落ちないようにしている状態です)

 

というわけで水栽培してみました。

・コップに水を入れ、上にディッキアをのせるだけ。下部がほんのわずか水に浸る程度です。

・水は朝晩2回取り替えました。

f:id:togetogenoniwa:20180421120037j:plain

そうしたら、すぐに根っこが出たのです!

f:id:togetogenoniwa:20180421120155j:plain

ロボットムーブに初めての根が!!

 

f:id:togetogenoniwa:20180421122118j:plain

5センチほど根が伸びた所で、新居に植えてみました。

 

f:id:togetogenoniwa:20190108142615j:plain

根付いてからは、急に成長が早くなりました。 

やっぱり根は大事です!!

今年も、試行錯誤しながら、色々育てて行こうと思います!

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ

にほんブログ村