とげとげのにわ

ディッキア(Dyckia)を中心に、色々な植物を育てています

多肉本と塊根買いました。

I.S.I.J. 新年大会に行ってきました。

先行販売していたこちら、

多肉植物&コーデックス GuideBook

多肉植物&コーデックス GuideBook

 

 すごく良いです!

 

Amazon内容紹介より抜粋>・・・

多肉植物の中でも珍奇植物、
ビザールプランツと呼ばれる最前線の種類を大特集。
原生地写真、植物図鑑、栽培管理までを網羅。

・・・・

 インテリアとしてではなく、生き物を栽培する観点で注意点が色々書かれていて、とても参考になりました。

光・水やり・土・夏越し冬越しは、今まで野生の勘?でやっていたので、この本でしっかり勉強したいと思います。

それから「現地球3年のジンクス」!!

うちに来てから3年目の塊根が何株かあるので、乗り越えたい!

 

欲しかった情報がたっぷりで、買ってよかったです。

Amazonでは1月19日発売となっていましたので、その頃に店頭にも並ぶと思います。

 

植物本体もお迎えしました★

f:id:togetogenoniwa:20190114152409j:plain

Pachypodium gracilius

日本に来てから2年目の現地球だそうです。

「現地球3年のジンクス」まであと1年。

まずは、冬を無事に越したら、次は3年を目指します!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ

にほんブログ村

新春初売り

グランカクタスさんの、お正月セールに行ってきました。

昨年の夏に行って、すっかりファンになり、リピートです。

現在、私の中での「植物(サボテン、塊根、珍種)を買うならココ!ランキング1位」がグランカクタスさんです。

種類が豊富で、値段も良心的だと思いますし、育て方もとても丁寧に教えていただけました。

ただ、うちからは遠く、交通費も時間もかかるので、年数回、まとめ買いの利用になりそうです。

 

お迎えしたのはこちら。

f:id:togetogenoniwa:20190111082015j:plainアガベチタノータ (agavetitanota)

初めてのアガベです。

 

アガベ、いいですね。

ディッキアだと、葉が下向きに生えて、鉢を取り囲んでしまうので、水やり、植え替えに苦労するのですが、

アガベは葉が上向きに生えるので、根元はすっきり!水やりも植え替えも難しくなさそうです。

f:id:togetogenoniwa:20190111082546j:plain

子株は2つ。

この子株、じきに親株に刺さりそうに見えます・・・

春に株分けしようと思います。

 

あとは、大型塊根を2つ購入しました。

こちらは、未発根なんです。

(現地から植物を輸入する際、土がついていると検疫にひっかかるので根を切っていると聞いた事があります。)

初めて、発根処理から塊根を管理しているので、そのうち記事にしようと思います。

いつまでも話題に出てこなかったら・・・察してください(;^_^A

(素人には難しいらしいし、今冬だし・・・怖い!!)

 

今年も、植物に囲まれた1年になりそうです★

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ

にほんブログ村

やる気スイッチON!

あけましておめでとうございます!

すごーく久しぶりの更新になりました。

 

まる家7不思議の1つ、ディッキアロボットムーブです。

f:id:togetogenoniwa:20180421114950j:plain

なぜか、根が出ないのです。(2年間くらいずっと)

花も咲くし、見た目は若干弱っているものの枯れる事も無く、生きています。

でも、ちょっと触れば倒れるし、風が吹くとコロコロとどこかに転がっていってしまいます。

もしかして、発根しても、何かの刺激で切れてしまっているのかも?

(↑↑の写真は、ロボットムーブの周囲を水苔で取り囲んで、鉢から落ちないようにしている状態です)

 

というわけで水栽培してみました。

・コップに水を入れ、上にディッキアをのせるだけ。下部がほんのわずか水に浸る程度です。

・水は朝晩2回取り替えました。

f:id:togetogenoniwa:20180421120037j:plain

そうしたら、すぐに根っこが出たのです!

f:id:togetogenoniwa:20180421120155j:plain

ロボットムーブに初めての根が!!

 

f:id:togetogenoniwa:20180421122118j:plain

5センチほど根が伸びた所で、新居に植えてみました。

 

f:id:togetogenoniwa:20190108142615j:plain

根付いてからは、急に成長が早くなりました。 

やっぱり根は大事です!!

今年も、試行錯誤しながら、色々育てて行こうと思います!

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ

にほんブログ村

鱗片挿しのポイント

togetogenoniwa.hatenablog.com

以前、チャレンジしたアルブカの鱗片挿しについて、気付いた事があるので、補足しようと思います。

 

鱗片挿しの概要は、球根の皮をむいて、置いておくと、皮からミニ球根が発生して、増やせるというものです。

f:id:togetogenoniwa:20181028204746j:plain

見ての通り、皮のかけらを置いておいたらすべてにミニ球根が発生しました。

とても簡単!ちょろすぎる・・・

 

土に植えると、まあまあ育ち、

f:id:togetogenoniwa:20181028205132j:plain

そして、現在、無事に大きくなったのは、

f:id:togetogenoniwa:20181203094204j:plain

4つだけ。ちょろくなかった・・・(隣同士でからまったので植え替えました)

f:id:togetogenoniwa:20181203094520j:plain

ぐるるるる

 

球根発生後、育ったものと、育たなかったものの差は、

最初に、アルブカの親玉の球根の皮をはがした際の、「皮の大きさ」です。

一応、かけらの様な小さな皮からも、

球根は発生しましたが、

球根発生→発根→発芽→ある程度芽が育つまでの期間、栄養を受けられるだけの大きな皮が必要だったみたいです。

 

なので、最初に親玉の球根から皮をはがす時は、小さくちぎれないように大きくはがすことが大切です!!

 

こんなに皮をはがされても、親玉は今日も元気です。

f:id:togetogenoniwa:20181203094248j:plain

 

アルブカは、親玉をスケーリングする方法でも簡単に増やせます。

玉葱をくし切りにするイメージです。

f:id:togetogenoniwa:20181203100859p:plain

こんな感じで、簡単に2つに。スケーリングの方が、鱗片挿しより、成長も早く、花も咲きやすいようです。

こんなにザックリやっちゃっても大丈夫なんですね・・・強いなぁ・・・

 

アルブカは見た目も面白く、丈夫で、良い香りの花も咲くので、育てていて楽しいですよ♪♪

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ

にほんブログ村

冬支度

寒さが増してきたので、植物たちを室内に入れました。

多くて、すっっっごく大変でした!

夏場は、良品を販売して、鉢数を減らしたものの、

現在300鉢ほどあります。増やしすぎました・・・

ちなみに売れ筋No.1はディッキア マルニエラポストレイでした。

f:id:togetogenoniwa:20181122101624j:plain

「有名」&「白い」&「原種」の売れ行きが良かったです。

販売の話は、いつか詳しく書くかもしれません。

 

f:id:togetogenoniwa:20181122101941j:plain

冬の窓際その1

f:id:togetogenoniwa:20181122102727j:plain

植物をのせているラックはこちら

 しっかりとしたつくりで、グラグラしないのでとても良いです。

ただ、このような商品によくあることですが、木と、塗料のにおいが結構気になりました。

組み立ててから3日間くらい、ベランダに置いて風を通しても、室内に入れるとまだ少しにおいます。

気にならなくなるまでもう少しかかるかな?

 

f:id:togetogenoniwa:20181122103925j:plain冬の窓際その2

こちらはもうぐちゃぐちゃ・・・

日の当たる所にパズルのように鉢をならべています。

 

ベランダに、ヒーター完備の温室を設置したいなぁ〜

と、去年も言っていた気がします・・・

1年経つの早いですね!!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ

にほんブログ村

冬型植物の種まき

冬型植物とは??

 

冬型植物というと、寒いのが好きな植物・・・

と思いがちですが、実はそうではなくて、

「5度〜20度くらいの比較的低温で生育するタイプ」のことを指します。

 

生育に適した温度を日本の四季に便宜的に当てはめて「夏型」「冬型」という表現をしているだけだそうで、

冬型を真冬に屋外に放置して霜にでもあててしまったら枯れてしまう事はありますし、

夏型も、真夏は適度に遮光しないと焼けたり弱る事があります。

要注意です。

 

 

今回、冬型植物の亀甲竜の種まきに挑戦してみました。

「冬型=比較的低温で生育するタイプ」はどんな条件で発芽するのでしょう??

 

①まず、今まで何度も成功してきた方法(ただし夏型植物)で、高温多湿にしてみる。

②14日経過したが、全く発芽せず。しかもカビがちらほら・・・

③このままだとカビで全滅するので、高温多湿はやめて、風通しの良い室内で管理。気温は18度〜20度くらい。

④すると、2日後、続々発芽!!

 

う〜ん・・・

たまたま発芽までに16日かかる予定だったのか、

初めから風通しよく涼しくしていたら2日で発芽したのか不明ですが、

冬型の亀甲竜も無事に発芽しました♪♪

f:id:togetogenoniwa:20181105075611j:plain

双葉ではなく、ひょろっと1つ葉っぱが出てきました。

f:id:togetogenoniwa:20181105075717j:plain

数日でハート形に。

f:id:togetogenoniwa:20181105075749j:plain

f:id:togetogenoniwa:20181105075828j:plain

うちには既に、ちょっと大きくなった亀甲竜があります。

f:id:togetogenoniwa:20181105080321j:plain

このくらいのイモの大きさになるのは何年後かな??

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ

にほんブログ村

球根から球根が生まれた!

くるくるのアルブカ

f:id:togetogenoniwa:20181028203943j:plain

冬型で、今の時期はすごく元気に巻き巻きしています!!

(夏はほとんどの葉っぱが枯れて、生き残った葉っぱも伸びてしまってニラのようでした・・・)

 

植え替えた際に、「鱗片挿し」を試してみる事にしました。

「鱗片挿し」で検索すると、

ヤマユリユリ科

蒼角殿(ユリ科

アルブカ(ユリ科

などで行っている記事が出てくるので、ユリ科の植物で行う事が多いのかな?

 

「鱗片挿し」の具体的な方法は、球根の外側を玉葱の皮を剥くような感じで

剥がして、

置いておくと、そこから球根が生えてくる・・・というものです。

 

そんなうまい話があるんだろうか・・・

f:id:togetogenoniwa:20181028204746j:plain

皮を剥がして放置していたら、本当に皮からミニ球根が発生しました!!

(皮を剥がしてから1ヶ月くらいかかったと思います)

 

f:id:togetogenoniwa:20181028204916j:plain

慌てて土に置く。

 

f:id:togetogenoniwa:20181028205033j:plain

葉っぱも出てきて、

 

f:id:togetogenoniwa:20181028205132j:plain

一丁前にくるっとしてきました。

現在ミニ球根の直径は5ミリほどです。

こんな小さくても、ちゃんとアルブカの特徴が出てきてかわいいです!

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ

にほんブログ村