読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とげとげのにわ

ディッキア(Dyckia)を中心に、色々な植物を育てています

タッパーハウスのメンテナンス

Dyckia goehringii Dyckia Espiritu x Brittle Star Pachypodium saundersii

メンテナンスってほど大袈裟じゃないですが・・・

f:id:togetogenoniwa:20170121081442j:plain

タッパーハウス内の実生ディッキアが急成長して、(きのこも生えた!!)

天井部分のラップにぶつかってしまうので、

ちょっと屋根を高くしました。

f:id:togetogenoniwa:20170121082606j:plain

 爪楊枝使用。

 

f:id:togetogenoniwa:20170121081958j:plain

実生パキポハウスは、針金の骨組みです。

こちらもタッパーハウスに入れてから、以前より葉が枯れなくなりました。

 ただし、内部の水滴が葉っぱに常に当たる状態になると、そこから葉が傷むので、

葉が周囲のラップにぶつからないように配置した方がいいみたいです。

 

実生たちの冬越しは、タッパーハウス(多湿管理)で今のところうまくいっています♪♪

 

 一方、元気のない子株(株分けしたもの)はどうしようか悩み中です。

子株は小さくても見た目は大人そっくりなので、

子供扱い(多湿保管)したらダメなんじゃないかと思うのです。

なので・・・

f:id:togetogenoniwa:20170121083444j:plain

若干、保護!!

 

これは、ディッキアゴエリンギー(Dyckia goehringii)という種類で、キバのような大きなトゲを持つのが特徴のはずなんですが、だいぶショボンとしています・・・

鉢に針金で屋根を作り、ラップをかぶせました。

 効果があるのか、無意味なのか、むしろ悪化させてしまうのか???

今のことろ変化なしです。

 

元気になるといいなぁ!!

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村