とげとげのにわ

ディッキア(Dyckia)を中心に、色々な植物を育てています

カビ取り洗浄剤による種子のカビ撲滅実験!

今年もパキポの種まきします♪

本当はもっと気温が高くなった頃(20度を安定して超えるようになったら)

の方が、発芽までの時間も短く、生育も良かった、と去年実証したのに、

結局気になって気になって蒔いてしまいました。

今年も植中毒(しょくちゅうどく)は治っていません。

 

何回かカビで全滅経験はありますが、一番恐れているのが、

一晩で糸状のカビがびっしり生えてる、ってパターンです。

このパターンは、種子にもとからカビ胞子がついているんじゃないかと思います。

(時間の経過とともに少しずつカビてくる別パターンもあります)

f:id:togetogenoniwa:20180430081519p:plain

こんな感じ。 ベンレート(植物用のカビ性の病気の殺菌剤)処理しても、生える時は生えるんです。

ベンレートうまく使いこなせてません(:_;)

そこで、今回は今までとは違う方法でカビ対策を試してみます。

 

<実験>

まず、各10粒種を購入し、2粒だけ何も処理しないで蒔いてみて、カビるかどうか検証。

①パキポディウム・ビスピノーサム(Pachypodium bispinosum)

→2粒とも一晩で糸状のカビふっさふさ

→2粒とも腐ってしまいまいした

→残りの8粒はカビ対策必須とみた!!

②パキポディウム・ フィヘレネンセ(Pachypodium lamerei var. fiherenense)

→2粒とも全くカビない

→2粒とも無事に発芽

→残りの8粒も、何も処理しないで大丈夫なはず!!(なるべく薬品を使いたくなかったので、カビが生えないならそのまま蒔きたいのです)

 

という結果が出たので、①のパキポディウム・ビスピノーサムに以前から気になっていたカビ対策実験!

こちら、お風呂掃除に使うようなカビ取り洗浄剤を使います。

f:id:togetogenoniwa:20180430084336j:plain

カビキラーとカビハイターが売っていて、ちょっと安かったカビハイターにしてみました。

種子をこういったカビ取り洗浄剤で殺菌する方法は、いくつか他のブログで拝見したことがあったのですが、怖くて試した事がありませんでした。

だって・・・カビとともに、種子も死んでしまうのでは??

人間だって塩素系漂白剤とか手に付いたらぬるぬるして皮膚が溶けてるっぽいし・・・

 

でも、今まで通りに種まきしたら多分また全滅を食らうので、実験してみます!

カビる可能性大のパキポディウム・ビスピノーサム8粒を4粒ずつ2組に分けます。

a:種子にそのままカビハイターをかける(4粒)

→キッチンペーパーの上などで、種子にカビハイターをかけ、余分な水分をとり、蒔く。

→このとき、2粒が脱色され、ピンセットでつかむとぶよぶよになっていて焦る!!!

(たぶん、もとからの種子の状態が悪かった??)

b:種子を水で吸水後にカビハイターをかける(4粒)

→1時間ほど種子を水で吸水したあと、キッチンペーパーなどの上で種子にカビハイターをかけ、余分な水分をとり、蒔く。

f:id:togetogenoniwa:20180430090256j:plain

 

<結果>

a:直接カビハイター組は、一晩で1つ発芽!

b:吸水後カビハイター組は、一晩で2つ発芽!

f:id:togetogenoniwa:20180430091700j:plain

嬉しい♪♪

カビハイター未処理の場合は、一晩でカビふっさふさだったのに、

処理後は、一晩で発芽です!!

全体で見てみると、合計10粒まいて発芽は3粒だったので、成績はあまり良くないけれど、すごく嬉しい!

 

<考察>

・結局、種子の元々の状態が発芽に影響すると思う・・・

・カビ取り洗浄剤は、種子に付着したカビを除去し、種子の発芽には悪影響はさほど無いような気がする。

・種子を吸水しないでカビ取り処理、吸水後カビ取り処理した場合は、吸水の効果なのか、種子の元々の状態なのか違いが不明瞭。

・カビ取り処理後、発芽しないで数日経った種子は、少しずつカビてきたので、カビ取り洗浄剤は種子にもとからついていたカビ胞子は除去出来ても、あとから生えるカビを予防する効果は無い気がする・・・たぶん・・・

 

<まとめ>

・種まきから発芽までの日数を短くするのが大事!なので、種まきは気温が安定して20度を超える位の時期が良いと思う!(パキポの場合)去年も同じ事言った!!

・カビ取り洗浄剤は、種子にはほんの少量しか使わなくて済むし、普段はお掃除など使い道がたくさんあるので便利。

・ただし・・・本来の使い方ではないので、もし使う時は自己責任で。

 

全くカビずに、未処理で蒔いた②パキポディウム・ フィヘレネンセは、

f:id:togetogenoniwa:20180430095538j:plain

残りの8粒の発芽率も良く、ぐんぐん育っています。

種子が新鮮だった、とか、日本の気候に適応しやすい、とかかなぁ?

f:id:togetogenoniwa:20180430095844j:plain

左は①のパキポディウム・ビスピノーサム

右は②のパキポディウム・ フィヘレネンセ

パキポ同士でも、双葉の大きさはこんなに違います。

双葉は本当に可愛い♪♪ 

今回の実験は、ひとまず成功かな??大きくなーれ♪♪

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ

にほんブログ村